shizukaプログラムについて

投稿日: カテゴリー: 研修

みんながより豊かな心を持てるように、
より大切なものがはっきりと感じられるように、
よりよい未来をみんなで育めるように、
そんな思いではじまっているてぃんがーらプロジェクトには、
SHIZUKAという研修プログラムがあります。

 

「これからの経営について一度じっくり考えないといけない」
と思いつつなかなか時間が取れず放置してしまっている。

 

「一度ゆっくり立ち止まって自分を見つめ直そう」
と思いつつも日常の忙しさに流されてしまっている。

 

「疲れが溜まっている。ゆっくりしたい」
と思いながら気分転換できずにいる。

 

 

そうな感じで、毎日もやもや暮らしていませんか。

 

 

 

もやもやを抱えたまま過ごしていると、
仕事になかなか身が入らなかったり、
そればかりか仕事終わった後も何だかぼんやりしたり・・・
それはきっと、いま抱えている問題を直視し、
じっくり考える機会がなかったからかもしれません。

 

SHIZUKAは、そんな方のために
お作りしたプログラムです。

 

SHIZUKAでは、参加者で森の中を歩き、
ビーチでワークし、対話し、コーチングしていきます。

 

 

そんなプログラムを通して、
日常置き去りにしている課題や問題意識、
もやもや感をじっくり見つめていきます。

 

そして、このプログラムの特徴の一つは開催場所にあります。

 

SHIZUKAは、
沖縄の中でも特に自然からの強いエネルギー
感じられるやんばる地方(沖縄本島北部)で行います。

 

ジャングルのような森、青く透明な海に身を置くことで、
都会や本土では得られない心の開放感や落ち着きを
得られると思います。

 

 

「沖縄はいいけれど、自分一人で行けばいいのでは?」
と思われる方もいるかもしれません。

 

 

プログラムの中では、他の参加者と
対話する時間が何回かあります。

実はこれもこのプログラムの特徴のひとつです。
同じ経験をした仲間の話を通して多くの気づきが得られます。

 

また、森や海ならどこでもいいというわけではなく、
現地に精通した人がその日の天候などを考慮して
最適な場所にお連れし、歩くときも参加者の状況を見て
適度に休憩を入れていきます。

 

 

そうすることで、より自分の内面と向き合いやすくなります。

 

 

 

過去の参加者の中にはSHIZUKAでの気づきから
50年後の自社の姿を一枚の絵に
まとめあげられた方や
自分が本当に大切にしているものが明確になり、
そこに向けて動き始められた方などがいらっしゃいます。

 

 

shizuka研修に参加されたお客様

 

社会保険労務士法人TIS代表社員 玉城 巖さま

 

沖縄生まれ沖縄育ち、身近にあるが故にやんばるの
自然の素晴らしさに気付かず日々を過ごしていました。
SHIZUKAに参加し、五感が研ぎ澄まされ、下田先生の
コーチングで自身の方向性と会社の経営方針も明確になりました。

 

 

 

社会保険労務士江尻事務所所長 江尻 育弘さま

 

受講中、BEGINのヒット曲「島人ぬ宝」を口ずさんでいました。
波の音、樹々の騒めき、森の香り、、、。
〜〜教科書に書いてある事だけじゃわからない
大切なものがきっとここにあるはずさ それが島人ぬ宝〜〜
自然の中で余計なものがなくなり、新たな気づきのあった研修でした。

 

 

吉村泰美社会保険労務士事務所代表 吉村泰美さま

 

日々の業務に追われているだけで果たしてこのままの生活でいいのだろうか
と思っていたところ沖縄でこうした研修があることを知り、思いきって参加しました。
様々なワークをする中で、 「自分にとって大切なものはこれかも」
という思いが見えました。

特に通天泊やSHIZUKAの凄みは以下の3点にあると思います。

 

・頭で考えるだけでなく、自然の中で心で感じることが出来る 

・人に話すことにより頭が整理出来る
・参加者の方と立場を超えて「人」として対話が出来る

 

自然に癒されるだけではなく、自分を見つめる苦しい作業でもありましたが
貴重な経験をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

この機会に、沖縄でゆっくり自分と向き合う時間を
作ってみませんか。

 

 

「日常から離れてゆっくり考えたい」
「とにかく気分転換したい」
そんな方、大歓迎です。

 

開催日程等の詳細は決まり次第、当ホームページより告知させていただきます。

 

お申し込みはこちらから。

 

  

shizukaプログラムについて」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: てぃんがーら

コメントを残す